無線LANは進化している

無線LANのルーターが年々小型化していることをご存知でしょうか。通常のルーターというと、20~30センチメートルほどの高さがあるタイプを思い浮かべると思いますが、そのサイズからどんどんコンパクト化が進んでおり、現在ではなんとSDカードと同じサイズのものも登場しているのです。もちろん、小さくなったからといってスピードが落ちることはありませんし、大容量のデータでも問題なくやり取りが可能です。

また、最近では、ホテルやカフェなどでインターネットを利用する方も増えてきたことから、外出先でも手軽にネット環境が利用できるように工夫された製品も出てきています。たとえば、コンセントに直接挿して使うタイプのルーターや、USBケーブルより給電ができるようになっているタイプ、計量化により持ち運びやすくなっている製品などです。どういったタイプが良いのかは、自身がどのような環境でインターネットを使う機会が多いかによって選ぶと良いでしょう。

現在は、スマートフォンやタブレットの普及により、有線ではなく無線LANの需要が非常に高くなりつつあります。過去には、無線LANにおける問題点も数多くありましたが、現在では進化するIT社会の状況に沿うべく、こうした問題点も少しずつ解消され、より使いやすくなってきています。

それでは、現在の無線LANにはどういったタイプの製品があるのでしょうか?当サイトでは、過去の製品と見比べながら、現在の無線LANの性能についてご紹介します。



〈外部リンク〉
無線LANのルーターであるモバイルwi-fiを利用形態に合わせて比較しながら選べるサイトです → モバイルwi-fi 比較

Copyright © 2014 進化する無線LANの形と、その活用方法 All Rights Reserved.